設計する際の観点

私たちは「家」「家具」「緑」の3つのバランスが
成り立ってこそ素敵な暮らしが実現できると考えます。

毎日の暮らしを
五感で楽しむ

作り込み過ぎずシンプルな空間は視線と光と風が行き渡り家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、自在に変化させられます。無垢の床と家具は年月が経つほど美しさが増し、心地よい肌触りが増します。家族の成長・変化と建物の経年変化を感じながら「自分らしい家」に変化していきます。
毎日の暮らしを五感で楽しむ

将来を見据えた
余白のある家

家づくりはゴールではありません。快適な暮らしのベースをつくり、その時々の生活スタイルに合わせて変化できるよう「余白」を残した家づくりをおすすめします。

性能とデザインの両面を
兼ね揃えた家

外観・内観デザインは設計士。現場監督や棟梁は、家づくりに精通しているスタッフ。施工は、向上心・責任感・思いやりを備えた職人。各専門スタッフの力を集結して、性能とデザインを兼ね揃えた家づくりを目指します。
将来を見据えた余白のある家
将来を見据えた余白のある家
将来を見据えた余白のある家

暮らしの質を向上させる
オリジナルファニチュア

家具の役割は、人が生活する空間を創り出すことです。家が完成した後に、ただ既製品の家具を選んで配置するのではなく、そのスペースで行う作業や生活を想像して、お客さまのくらしにフィットする家具を選ぶことが重要です。

私たちは、機能性とデザイン性を兼ねそろえたお客様一人一人に合ったオリジナルの家具や造作をご提案致します。
将来を見据えた余白のある家
将来を見据えた余白のある家
将来を見据えた余白のある家

暮らしを彩る
緑のお庭

四季を通して、少しずつ変化する庭があなたの暮らしをより素敵なものに彩ってくれます。家は完成しても外構は野ざらしのまま。機能性ばかりを求めて整えただけの外構。そんな景観を毎日眺めていてもつまらなくないですか?

ふとした時に、リビングから見える緑の風景に癒され、道路と敷地を緩やかにセパレートしてくれる「素敵なお庭」を想像してみてください。毎日の暮らしがより素敵になるはずです。

家のことばかり考えて、お庭はあとまわしになりがちですが私たちは、家と同時に庭も含めた素敵なお住まいをご提案いたします。
暮らしを彩る緑のお庭